食品・飲料・医薬品

食品鮮度および香味料モニタリング

Lonestarは食品生産と安全性に関わる簡便で効率のよい分析計です。食品や飲料の鮮度、香味、汚染、雑菌混入などのモニターが可能で、芳香、香料、化学臭などを高精度、高感度で検知します。

 

ビール中のジアセチルのリアルタイム測定

ビールの芳香はビール中に含まれるジアセチルと2,3-ペンタンジオンに影響されます。Lonestar 分析器はこのような隣接のジケトン濃度を製造工場内で分単位の速さで測定可能です。30ppbまでの測定が可能ですから全ジケトンもしくは遊離ジアセチル測定も可能で、発酵の初期段階からのモニターや完成製品のQCに最適です。 

 

微量汚染物質の即時同定とモニタリング

Lonestarを使用すれば、正確迅速な微量汚染物質の検出と監視が可能です。肉、鳥、魚など筋肉組織を含む食品はタンパク質やアミノ酸の細菌作用や酵素作用により生物学的アミンを形成します。例えば、トリメチルアミンはコリンの段階的劣化によりベタンから形成されます。. 

 

Lonestarによる亜硫酸塩と二酸化イオウ の検出

超小型 Lonestar 分析器は、漢方薬、植物薬、代替医療薬などに含まれる亜硫酸塩を、含有される微量二酸化硫黄の検出により分析します。植物薬に含まれる亜硫酸塩は、亜硫酸塩過敏症としては多くの消費者に影響を与えますから、一般的な関心事です。 

 

Lonestarを用いた腐敗ジャガイモの検出

ジャガイモ生産者、加工業者、消費者にとって、貯蔵ジャガイモの品質管理は重要ですが、蓄積症により毎年実質的な損失がでています。超小型 Lonestar 鮮度監視計  は、ジャガイモの根腐れ病、腐敗病などバクテリアに関連する揮発性の化学的特徴を検出できます。このようにして腐敗ジャガイモを早期に発見隔離すれば多くの損害を防ぐことが可能です。

 

作業現場のジアセチルガス検出

Owlstone社の化学物質モニター(OCAM)を使用して、電子レンジ用ポップコーンなど、人工バター風味食品の加工に使用される一般的な化学物質、ジアセチルを検出できます。ジアセチルガスの吸収は「閉塞性細気管支炎」またはポップコーン肺と呼ばれる疾病の原因とされており、気管が傷ついた組織や炎症により細くなる致命的な疾患です。 

 

スパイスの品質管理

Lonestar ガス分析器は、シナモン、クミン、ジンジャー、クローブなどのスパイスに含まれる揮発性精油の、迅促な測定が可能です。品質管理のため、10秒ほどのサンプリングで、従来の蒸留など、時間のかかる方法にかわり、Lonestar を使用すれば迅速に測定可能です。

 

ペットボトルの二塩基エステル検査

食品パッケジや飲料ボトル用のペットボトル洗浄液の溶剤、二塩基エステルやセバシン酸ジメチルなどを濃度50ppb レベル以下で迅速に検出でき、FDAの食品接触材料告知に対応可能です。

 

Lonestar による定置洗浄(CIP) プロセスの認証

食品、飲料生産、製薬業において、洗浄水の成分をモニターし、定置洗浄(CIP)サイクルの高速検証は、生産プロセスの最適化のためと適切なタンク洗浄のため、非常に重要です。Lonestar を使用すれば、迅速、高感度、高精度の監視が可能で、使用水量と洗浄剤を削減できます。

 

牛乳中の2,4 ジクロロフェノール検出

牛乳中の2,4ジクロロフェノル、2,4ジブロモフェノール、トリエチルアミンなど生体アミンを含む微量香料汚染物質、安息香酸、乳酸などを迅速に検出できます。 

 

トリブロモアニソールの検出

Lonestarを用いれば、濃度10pptのトリブロモアニソール(TBA)の検出が可能です。TBAは製薬、食品、ワイン産業などにおける一般的な汚染物質で、FDAの関心事であり多数の製品リコールの原因ともなる物質です。

 

食料油の検査と劣化監視

食料油業界で、生産ラインでの原料汚染、香料閾値、保存料濃度、脂肪酸メチルエステル、残留洗浄剤などの検出にLonestarが使用されます。 

 

4メチルイミダゾールの迅速検出 (4-MEI)

カラメルや醤油などバックグラウンドの範囲内で、Lonestar 15分で4メチルイミダゾールを検出、定量できます。Lonestarを工場に設置すれば、法令に準じる全体の改善や生産性向上を確約いたします。 

 

牛乳中のメラミンの検出

メラミンはプラスチックや接着剤、食器、ホワイトボードなどに使用される有機塩基ですが、中国で不法に粉ミルク、液体ミルクやその他の乳製品に加えられて、タンパク質含有量増量に用いられました。2008年中国におけるミルクスキャンダルに際して発表されたWHOの白書によれば、メラミンの摂取は腎臓結石や他の腎臓疾患の原因となります。2012年、国連食品基準標準化機関は、乳製品の最高限度を0.15mg/kgに低下させました。. 

 

製薬過程における排水分析

排水処理におけるバクテリアによる生物学的分解は、(製薬、環境修復技術)などの排水流の処理に使用されます。排水中の過剰なある種の溶剤は微生物を汚染し、その効果的な働きを減退させます。このような重大な溶剤の濃度を測定し、処理、希釈して有用なバクテリアを保護することは大切です。